カフェラテ珊瑚のブログ

世の中に疑問を抱いていた時巡り合ったことから気づいたことを発信します!rapt-neo.com

給食も人◯◯減計画

f:id:sango7jamy:20210616230639j:image

※我が家のブーゲンビリアとカラーのピカソ


まさか、給食まで。
そんな馬鹿な!


そんな馬鹿なことがあるわけがない!

と思わせることが得意な悪魔と人間サタン共。


陰謀論と馬鹿にせずに直視すべき。
妄想とか夢物語、お伽話などと見下している場合ではない。


現実から目を逸らすのはもうやめよう!

既にご自分の身に起きていることなのだから。

 

f:id:sango7jamy:20210616230657j:imagef:id:sango7jamy:20210616230707j:image

https://twitter.com/antinetouyo777

f:id:sango7jamy:20210616231120j:imagef:id:sango7jamy:20210616231336j:image

rapt-plusalpha.com

f:id:sango7jamy:20210616231347j:image

f:id:sango7jamy:20210616230743j:image

 

f:id:sango7jamy:20210616230906j:image

f:id:sango7jamy:20210616231744j:image


明治22年山形県鶴岡町の私立忠愛小学校で貧窮児童を対象に無料で学校給食が実施された。これが学校給食の始まりと言われている。

 

戦後、昭和20年から昭和25年食糧難をきっかけに『ミルク給食』が実施され、脱脂粉乳が登場。親切を装った悪魔共の人◯◯減計画が進められ
昭和29年《学校給食法》が施行された。

 

昭和20年、『ミルク給食』を導入された時期の人達から
現在の子ども達まで給食の牛乳とパンで身体を蝕まれている。

 


学校は好きだったけれど給食が苦手で給食室から給食の匂いが漂ってくると憂鬱だった。
給食の時間になると毎回吐き気がする。お腹が痛い。
下校し、帰宅して必ずミヤリサンアイジを飲む毎日だった。小学生が毎日整腸薬飲むっておかしいことだ。

f:id:sango7jamy:20210616231546j:image
※ミヤリサンアイジ。私が小学生時代に飲んでいたパッケージと今は違うけど。

 

 

f:id:sango7jamy:20210616231622j:imagef:id:sango7jamy:20210616231627j:imagef:id:sango7jamy:20210616231630j:image

 

私の場合、牛乳は飲めるがコップ一杯飲めるかどうかだったし、食べ物はお残しすると5時間目まで机の上に器を置かれていた。

 

給食はパン食が多く、自宅で作るホームベーカリーのパンとは雲泥の差だからよく残していた。(グルテンが小腸を攻撃するからパンは食べない。うどんや冷麦もほとんど食べない。牛乳は料理に使うが飲み物として飲まない。)


私の通っていた小学校は男女隣り合わせの席だった。

1年生の時は給食を食べたい人に食べてもらおうという知恵もなく実行もできずに給食が嫌だから行きたくないと親を困らせたこともある。2年生くらいからは席の隣の子が食欲旺盛だと食べる前に器にごっそり持っていってもらえた。

席替えで食欲旺盛な男子が隣だとそれが嬉しくて喜んでいた私。(食欲旺盛な男子に気があるのかと勘違いされて好きだと言われたり、手紙をもらったりしていた小学生時代。)

 


中学は給食なしで何故か牛乳だけ給食として出されていた。牛乳は持ち帰りでも良かったから飲まなかった。
お茶の水筒とお弁当持参で快適になった。吐き気やお腹が痛いのはなくなった。ミヤリサンアイジを飲まなくてよくなったのは中学生になってからのこと。


高校はお弁当持参かテラス付きの食堂があってお弁当を持って食堂を利用しても良かったから快適な食事時間だった。
短大も食堂でもお弁当でも自由だったからお残しの器を置かれた小学生時代を思うとよく耐えたなと今にして思う。


私は154cmと背が低い。牛乳を好んで飲まなかったからではない。

◯ちゃんが背が低いのは牛乳飲まないことと、少食だからと言われてきたけれど母は1身体50cmとどかないし、父も身体162cmだから遺伝だ。

小学6年生で初潮があったから牛乳を好まないとか小食だからといって著しく栄養不良であったわけではないと思う。


父の親である祖父は身体170cm。隔世遺伝で兄は176cmだった。
身体の高さは牛乳を飲む、飲まないではない。身体の高さは骨格遺伝と正座をするしないの生活習慣の影響なのだ。


給食の時間が辛いのは精神的にではなく身体が受け付けなかったのだ。

 

毒だから!


小学生時代の成長期にミヤリサンアイジを毎日飲み続けていたことも怖いことだ。


この時からにがりを飲んでいれば良かったな。


親切を装い実行された《学校給食》。
牛乳、パンの食品会社と利権絡みの契約で私服を肥やす人間サタン共。不妊にさせて不妊治療をさせる製薬会社と人間サタンの医者。
どこまでも庶民を食い物にしている。

添加物まみれのヤマザキパンの社長自らが「添加物が入っているからうちのパンは美味しい」と豪語している。

天然酵母パンも行列ができるお店を私は素通りする。

米粉パンなら良いかもね。

日本人が食べ続けてきたお米と減塩ではないお味噌汁が健康の基礎だとしみじみ思う。


給食にかぎらず義務教育も洗脳ね。

m-RNA劇◯ワク◯◯接種しないと修学旅行行けないなんてナンセンスね。治験薬を子ども世代に接種して誰が責任とってくれる?

 

自分の身は自分でしか守れない

 

教育者として数十年、過ごしてきたことも罪深い。

家族に嘆かれ、周囲にも長年続けてきたのに勿体ないと言われてきたけれど、

今このコロ◯騒ぎの中で、子ども達にマスク強制とか私は出来ないし、しなくないし、マスク外そうと叫んでしまうから、早々に辞めてよかったし教育者を辞めて後悔することは一度もない。


添加物まみれの身体になっているからこそ
このコロ◯騒ぎで健康を見直すきっかけ、長年の洗脳から目覚めること、気づける羊となるように神様が与えてくださっていると思えている。


悲観することばかりではない。


解毒することを心掛けていくことで
m-RNA劇◯ワク◯◯接種せざるを得なくなっても希望は見出せる。
接種しないことに越したことはないけれどね。

 


大切な人に、多くの人に気づいていただけるように
恐れずに伝え続けていこう。


多くの人々が目覚めて立ち上がること、
悪魔と人間サタンの滅びをせつに祈ります!!!